メインコンテンツブロックにスキップ

違法に持ち込みや配達などの方法で動植物指定検疫物を輸入したことが発見した場合、最高で7年以下の有期懲役に処する他、300万元以下の罰金も科されることとなる。(1-1)

動物、植物または関連製品が我が国に輸入する際、「動物伝染病防治条例」や「植物防疫検疫法」などの法律に従わなければならない。違法に持ち込みや配達などの方法で動植物指定検疫物を輸入したことが発見した場合、最高で7年以下の有期懲役に処する他、300万元以下の罰金も科されることとなる。
109年一月から十二月の間、桃園国際空港で在台新住民や外国人労働者が違法にネジレフサマメノキやマンゴスチン、キンカン、肉製品などの検疫物を輸入することが発見され、裁判に移送されまたは罰則が課される案件は合計184案と発表される。受取人が罰を受けるのを避けるため、海外のECサイトで検疫物を買わず、また海外にいる家族に動植物を台湾に送らないようお伝えください。

入境旅客が動植物または関連製品の持ち込みや検疫規定などよくある質問は、【行政院農業委員会動植物防疫検疫局グローバルサイト】までご参考ください:https://www.baphiq.gov.tw/ws.php?id=4502

掲載日

2021-01-04