メインコンテンツブロックにスキップ

労働力発展署スキル検定センターは2021.1/5-1/14に「2021年第一回全国技術士スキル検定申込」作業を始める (12-6)

2021年第二回以降、申込資格に満たした外国人労働者が一般電気溶接、TIG溶接、半自動アーク溶接の三職類中の一つを申し込む場合は、事前にインドネシア語、ベトナム語、タイ語、フィリピン語(英語)など4種類の言語での学科試験外国語サポートサービスを申し込むことができる。その場合は、申込状況に応じて指定の地区で試験を受けることになる。

掲載日

2020-12-29