尚未定義

臺北市新移民專區網站日文版

最新のニュース

台北市新移民会館はアフリカ豚コレラについて、ネットショッピング配送先台湾及び肉製品等の持込禁止の注意喚起を呼びかけています。(8-11)

タイ、カンボジア、中国等の新住民家庭にアフリカ豚コレラ予防するために台北市民政局、動物保護所及び動物植物予防検査局基隆支店は8月18日台北市新移民会館で3回講座を開催、豚肉製品の違法輸入の違反は20~100万元の罰金をもたらし、また、当日は他の肉製品及び卵などを持込について議論していました。
アフリカ豚コレラウイルスが豚やいのししに感染する伝染病であり、 発熱や全身の出血性病変を特徴とする致死率100%の高い伝染病です。現在、アジアでは中国、モンゴル、ベトナム、カンボジア、北朝鮮、ラオスとミャンマー等7ヶ国が発生されました。
アフリカ豚コレラウイルスの生存時間は長い(冷蔵100日、冷凍1,000日、豚小屋1ヶ月)ウイルスには有効なワクチンや治療法はなく、 発生した場合の畜産業界への影響が甚大であることから、我が国の家畜伝染病予防法において肉製品を持込発見する場合一回目20万元、二回目100万元の罰金が科せられる、外国人が罰金を払わなかった場合、入国を拒否されます。
民政局はネットショッピング配送先台湾、帰国する場合豚小屋及び農畜農場の見学、肉製品等の持込も含め堅く禁じられていますので、これらの国々を訪れた際には、十分に御注意ください。民政局はこれから新移民会で宣伝予防インフォメーションを提供されています。

發布日期

2019-08-22