メインコンテンツブロックにスキップ

新移民心かんさつ メキシコ新年

新移民心かんさつ メキシコ新年
図文書/
羅納德(台北市外国人先生サッカー学院コーチ、出身地メキシコ)


メキシコから来ましたサッカー先生で、何年の台北サッカー先生を務めている、家庭生活で台湾文化及び伝統正月を体験できて、学員家庭との交流も楽しんでいました。台湾の正月は一家団欒にぎやか、メキシコの正月もにぎやかですが、少し違うと思います。
     
世界各地独特の正月祝うがあり、メキシコでは“願いブドウ” を食べて年を越す習慣があり、12時の鐘と共に一分間で12粒のぶどうを食べて願いをかける一粒がひと月を意味し、一粒ごとにその月のお願いをする、年初から年末まで毎月はいいことを巡りますように祈りします。また、正月でパンツの色は年間運勢を決まる、深夜0時に鳴る愛情を求める人は赤パンツを着る、金運を求める人は金色パンツを着るということです。
正月時、ハピー新年元旦は各家庭を盛大で祝いする、親戚を招いて家で一緒に正月を迎えて、メキシコ料理-ブリトー唐辛子を食べる楽しんでダンスを踊る、また、街の広場で祝いイベントを参加、一緒に新年カウントダンウン正月を迎えます。(図1、2)

   
毎年最大のイベントはメキシコ城で行う、巨大なストリーアートを開催、活動祝い集中するのは街の広場周囲、にぎやかな爆竹の音と歓声な叫びが行き交う、老若男女ずべてダンスを踊る、一緒に祝う、いい年を巡りますように祈ります。
良い年をお迎え、台北市でもメキシコでも、悲しみ、悩み、不幸を捨てて、みんなが幸せを願います。

新移民心かんさつ メキシコ新年