メインコンテンツブロックにスキップ

2022年10月13日0時から、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の渡航警戒レベルは第二級(警示)に引き下げると発表した。海外旅行する際は今日か強化保護措置をお取りください。(C/10-1)

中央感染症指揮センターは今日(12日)、新型コロナウイルスの水際対策を緩和されており、国際交流が必要とされたことから、今年(2022年)10月13日0時から、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の渡航警戒レベルは第二級(警示)に引き下げると発表した。また、国際間はコロナウイルの感染リスクがあるため、海外旅行する際は、完全なワクチン接種などの強化保護措置を取り、個人的な健康を守ろうと呼び掛けた。


世界中のコロナ状況が緩和しており、検測量も減少していくことから、感染者数が過小評価される可能性があり、また現在、全世界的にBA.5系統が主流となっており、変異株も続出しているので、コロナ禍は続ける見込みがある。研究によると、強化ワクチンの接種はBA.5系統に保護力があり、入院や重症、死亡などにも予防効果があるため、健康的なリスクが比較的に低い。しかも国民のワクチン接種率も上昇したため、渡航警戒レベルを全面的に(国を問わず)第二級(警示)に引き下げた。海外渡航予定日の14日前までに、ワクチンを完全に接種して、個人的な健康を守ろうと指揮センターは呼び掛けた。


海外渡航警戒レベルを設立した目的は、国民が海外旅行する時、目的地の国のコロナ状況や個人的な保護準備の参考になるためであり、現在世界各国の水際対策や国内防疫措置が緩和しており、国際的な往来が頻繫になり、各国間の感染リスクはすでに顕著な差がないとされていると指揮センターは説明した。個人的な保護を強化するには、完全的なワクチン接種や両手の衛生を保つこと、咳エチケット、マスク着用などをすると同時に、人が多い場所や感染リスクの高い場所を遠慮し、感染や重症の危険から避ける重点となる。


水際措置が開放されるにつれて、国民は普通の生活に戻るが、出国前に渡航医学科に診察を受けようと指揮センターは呼び掛けた。もし台湾に入国前に過去14 日間、熱や下痢、発疹、咳など伝染病の疑いがある場合は、適切な措置を取られるよう、入境時は疾管署の検疫員に通報してください。入境後、ぜひ各防疫措置に協力し、自主防疫期間はコロナ防疫ガイドラインが定めた規定に従い、体調が悪い場合はすぐに診察を受け、医者から正確な診断を受けられるよう、最近の旅行歴をちゃんと説明してください。