メインコンテンツブロックにスキップ

2/2から広東省は二級流行地区に指定。(2-3)

台湾の中央感染症指揮センターは旅行者入境に関する会議を行う、中国流行地域は2級を分けています:

一級流行地区:明らかにコントロールが困難なコミュニティーレベルでの感染が発生している、現在は湖北省です。

二級流行地区:ミュニティーレベルでの感染発生が疑われる、旅行歴も観察の対象とされ、自宅待機が義務付けられる、2/2から広東省は二級流行地区になって、広東省住民の中国人は入境禁止、小三通入境方も2/2から14日間の自宅待機が義務つけられることになります。
 

帰国者が入国後に発熱等の症状を認めた際にも、医療機関及空港検査スタッフに通知、入国後14日間以内に上述した症状が発生した場合、予防電話相談窓口1922にお問い合わせ、マスクを着用して医師に旅行歴、職業、接触歴、人が群れるかどうかを自ら通知ください。
 

インフォメーションニュース:https://at.cdc.tw/72e2gc

重大な感染性肺炎予防:http://at.cdc.tw/xP90P0

毎日記者ライブ動画:https://www.youtube.com/user/taiwancdc/