メインコンテンツブロックにスキップ

7月25日から、外国人はボランティア、伝道・布教、研修(宗教教義)、インターンシップ、国際交流、ワーキングホリデー(青年交流)などの理由で入境することができる (C/7-2)

中央感染症指揮センターは19日、国際の出入国政策が緩和し続け、防疫作業を推進し、経済と社会活動や国際交流を促進することを兼ね合い、国内のコロナ状況や防疫・医療キャパシティを総合検討し、各国の経験を参考した結果、今年(2022)7月25日から外国人はボランティア、伝道・布教、研修(宗教教義)、インターンシップ、国際交流、ワーキングホリデー(青年交流)などの理由で、特別入境許可を申請し、国内に入境できると発表した。コロナが流行る前に、上記理由で来台する外国人は年に約1万人以上。

指揮センターは、ワーキングホリデー(青年交流)は我が国が他国とサインした協議であり、両国間の青年交流を促進することを目的として、一人は生涯一回しか申請できないと説明した。平等互恵の原則に基づき、今回の開放リストに追加された。

また、指揮センターは、出入国の政策緩和はステップバイステップで一歩ずつ進むべきで、指揮センターはコロナ状況の変化による随時調整が可能だと強調し、まだワクチンを接種していない方もぜひ早く接種し、個人的な保護や防疫規定に確実に協力して、国内コミュニティの安全を守ろうと呼び掛けた。