尚未定義

臺北市新移民專區網站日文版

幼児児童の予防接種

幼児児童の予防接種
1.0-7歲児の予防保健サービス項目と補助タイムスケジュールは?
A:
(1)サービス項目は二種類:
◎身体検查:個人及び家族病歴問合せ、聴力、目、口腔検查、成長発育評価等。
◎衛生教育指導:母乳育児、新生児スクリーニング、添加副食品、幼児発達、口腔及び視力保健、事故傷害予防等。
(2)補助タイムスケジュールは計7回:生後0-2ヶ月、生後2-4ヶ月、生後4-10ヶ月、生後10-18ヶ月、1.5-2歲、2-3歲及び3-7歲。

2.どこで児童予防保健サービスを受けるのですか?
A: 児童予防保健特約医事機構(計309軒)は、行政院衛生署中央健康保險局/一般市民/インターネット申請及び問合せ/健保特約医事機構問合せで検索。

3.児童予防保健サービスを受ける時、どんな資料が必要ですか?
A:児童健康ハンドブックと健保ICカードを携帯すれば、自己負担は掛号費用だけ。

4.児童健康ハンドブックはどんな役に立つのですか?
A:
(1)児童予防保健及び予防接種タイムスケジュールに基づく検查-政府は現在年齢に応じて、児童健康ハンドブック中の児童予防保健補助タイムスケジュール及び記録表と接種タイムスケジュール及び記録表に基づき、一般の予防保健康診断及び予防接種を児童に無料で提供している。

(2)発展スクリーニング指標(ハンドブック中の父兄記錄事項と健康診断記録)- 「父兄記錄事項」は父母が予め記入し、児童の健康状態をチェックする。また、医師に聞きたいことを記録し、診察時に医師に参考として提供する。
「健康診断記録」は、医師が子供の健康状況と指導事項を記入する。

(3)児童成長曲線図-新版の児童成長曲線図(児童健康ハンドブック第67頁)に基づき判定する。子供の性別及び月齢/年齢に基づき、身長、体重、頭囲指標数值(計3種の成長指標)を対照することができる。一般的に、子供の成長指標が97%位置と3%位置の曲線間にあれば、正常範囲である。

(4)育児関連の衛生教育指導-母乳育児、児童期の栄養摂取、早産児に対する補助等。

5.Q:子供の発育に問題があるかどうかは、どうやって知ることができますか?
A:
(1)子供の身長、体重、頭囲を定期的に記録:国健局が提供する「新版児童生長曲  線図(国健局HPでダウンロード、または各医療機関で手に入る)」に照らし合わせて判定する。

(2)子供の日常生活を観察:父母や保育園(幼稚園)の保育スタッフが観察することで、その子が、同年齢の子供と比べ、動作、知覚、認知、言語、情緒、適応性等の行為に異常が見られる場合には、専門家に相談し早期診断を仰ぐ。

(3)定期接受児童予防保健サービス:7歳未満の子どもに対して、年齢ごとに合計7回健康診断があります。専門医療スタッフが子どもの成長状況を調べます。保護者も自分で台北市役所衛生局サイト/重要サービス/台北市児童発展検査表」にアクセスして、オンラインチェックができます。チェック表のチェック年齢層(合計13種)は、4か月、6 か月、9か月、1歳、1歳3か月、1歳6か月、2歳、2歳6か月、3歳、3歳半、4歳、5歳、6歳)です。そのほか、「台北市児童発展画像スクリーニングネット」(http://e-screening.health.gov.tw)(現在6か月、12か月、18か月と30か月を提供しています)家の子どものチェックを行ってください。

(4)新生児先天性代謝異常疾病スクリーニングで異常(先天性甲状腺機能低下、ガラクトース血症、フェニルケトン尿症等)があった、或いはハイリスク因子がある、或いは健康に問題がある(早産、低体重児、先天性疾病、母親が妊娠期間に感染、出産過程で新生児が窒息、脳部病変等)場合には、子供の成長状況に特に注意し、定期的な診断を受ける必要がある。