尚未定義

臺北市新移民專區網站日文版

国籍帰化証明の流れと申請

国籍帰化証明の流れと申請
*申請条件:
「依親(家族呼び寄せ)来台の新移民」が中華民国領域内に住所(即ち、外僑居留証を取得)があり、国内で每年合計183日以上合法的に居留する事実が3年以上継続し、満20歲以上で、中華民国法律及びその本国法において共に行為能力があり、品行方正で、犯罪記録がなく、相当の財産或いは専門的技能を有し、自立して生活でき或いは生活が心配なく保障され、中華民国の基本的言語能力を有し、及び国民権利義務に関する基本的常識を有する証明文書を有する。
中華民国在外公館の検証を経て、外交部により再検証した元国籍喪失証明、無国籍証明を提出し、或いは当事者の責任でなく元国籍喪失証明を取得できない場合には、外交機関により、事実を証明する文書を審査する等の条件に適合し、初めて中華民国国籍帰化申請を行うことができる。

*申請手順:
本人が住所地管轄区の戶政事務所に申請し、戶政事務所が縣(市)政府層に送り、内政部で許可する。

*提出書類:
一、戶籍資料(申請人は提出不要。戶政機関が代行)。
二、有効な外僑居留証或いは外僑永久居留証。
三、外国人居留証明書。
四、入出国日時証明書(申請人は提出不要。戶政機関が代行)。
五、元国籍政府発行の警察記録証明或いは他の関連証明文書(国籍帰化申請者が中華民国国民の配偶者である場合に、外僑居留証居留事由が「依親(家族呼び寄せ)」である場合には、提出不要)。
六、中華民国における居住期間の警察刑事記録証明(申請人は提出不要。戶政機関が代行)。
七、相当の財産或いは専門的技能を有し、自立して生活でき、或いは生活が心配なく保障されていることの証明。
八、中華民国に帰化し国籍を取得した者の基本言語能力及び国民権利義務基本常識認定標準第三条に定める証明文書。
九、 元国籍喪失の証明文書、或いは国籍法第九条但し書き規定に基づき、外交機関により発行され、調査により事実に属すると確認された文書の正本及び中国語訳文。
十、無国籍者の提出書類:
(1) 外国政府発行記載の無国籍者の旅行身分証明書正本(検証完了後、受理機関により返還)、基本データページの複写本及び中国語訳文(中国語訳文は中華民国公証人により認証する。本項の証明書類は、内政部が調査が必要であると認めた時、外交部が調査する)。
(2) 入出国及び移民法第十六条第二項規定に符合するタイ、ミャンマー或いはインドネシア地区の無国籍者が所有する内政部及び移民署発行の無国籍が記載された外僑居留証。
(3)他の内政部認定の文書。
十一、法定代理人同意証明。
十二、婚姻状況証明。
十三、写真2枚(国民身分証写真の規格と同様)。
十四、証書費(金額は現行規定に基づき徴収する。受取人を内政部と明記し、郵便振込みにより納入)。