メインコンテンツブロックにスキップ

移住労働者の防疫作業を強化するため、雇い主はどうぞ移住労働者にコロナウイルスワクチン追加接種を勧めてください。 (C/9-2)

衛生福利部疾病管制署が提供した移住労働者ワクチン接種の統計によると、111年8月16日まで、移住労働者のワクチン接種率は一剤目95.8%、二剤目94%、追加接種73.7%となる。
移住労働者が追加接種しない場合は、コミュニティ感染のリスクを考えられる他、統計によると追加接種の条件に合う移住労働者は計55万4636人、まだ接種していないのは計11万2199人である。移住労働者に防疫強化、感染防止のため、移住労働者のワクチン接種率を向上するよう、私立就職サービス機構と事業類雇い主はどうぞ移住労働者にコロナウイルスワクチン追加接種を勧めてください。