メインコンテンツブロックにスキップ

性的嫌がらせ防止

他人に対して、その意志に反し、性或いは性別と関連する行為を行い、しかも以下の状況の内の一つがある場合:
1.当該他人の該行為への承服、或いは拒絕により、仕事、教育、訓練、サービス、計画、活動と関連する権益の条件を獲得、喪失、或いは減損した場合。
2.文字、図画、音声、映像或いは他の物品を展示、或いは公にする方式、或いは差別、侮辱的な言行、或いは他の方法により、他人の人格的尊厳に損害を与え、或いは心理的恐怖を生じさせ、敵意或いは不快を感じる状況を生じ、或いは不当にその仕事、教育、訓練、サービス、計画、活動、或いは正常な日常生活に影響を及ぼした場合。

*警察機関が提供するサービス
1.警察に嘆願或いは告訴を提出したなら、意向に従い、できるだけ早く該事(案)件を調査し、詳細に記録する。
2.全力を尽くして調查し、完璧な証拠を収集する。
3.事(案)件調査過程を絶対に公開せず、プライバシーを確保する。
4.何か問題があれば、台北市政府警察局婦幼警察隊にいつでも問い合わせることができる。(電話:02-27590827)
5.性的嫌がらせ防止法『再嘆願ホットライン』:
1999内線3365、4553
緊急通報電話:110
全国保護ホットライン113

(出典:台北市政府警察局婦幼警察隊)