尚未定義

臺北市新移民專區網站日文版

妊婦の健康管理

妊婦の健康管理

妊婦看護

【妊娠前】
生活改善で早産を予防
*飲酒、喫煙、薬物を断ち、栄養状況と衛生習慣を改善し、働き過ぎを避け、穏やかな気持ちを維持する。
できるだけ適当な年齢で妊娠するようにし、感染、人工流産等の生殖システムによる傷害を避ける。

妊婦食事原則

  1. 妊娠準備の女性は心と体は健康状態に調整し、理想体重に維持しておきます。妊婦食事に対して疑問
    があったら、医者と栄養士に聞いて下さい。
  2. 体重:妊娠期間、妊婦は妊娠に相応しい体重を適当調整した方がいいで、体重増加目安は10キ
    ロから14キロまです。体重増加ペースは要注意で、ダイエットは禁止です。
  3. カロリー
  4. カロリー摂取目安(DRIs)に参考してお勧めは妊娠第二期から毎日300カロリー増加です。人によって妊婦
    の年齢、運動量、妊娠前の健康状態と体重に調整します。
  5. 授乳婦カロリーお勧めは毎日500カロリー増加です。

4. タンパク質

  1. タンパク質摂取目安(DRIs)に参考してお勧めは妊娠第一期胎児成長から毎日10g増加です。タンパク質
    半分は(High Biological Value, HBV)タンパク質、例えば:乳製品、豆乳、豆腐等、魚、肉、たまご。
  2. 授乳期間毎日母乳量は生産後2~3月平均850cc、母乳には1.1%タンパク質を含む、胎児に10gを提供
    ので、授乳婦は毎日15gタンパク質を摂取をお勧めです。タンパク質半分はHigh Biological Value, HBVタン
    パク質です。

5. 妊娠/授乳期間はビタミンとミネラル増加摂取、野菜、栄養バランス、単一栄養とミネラルサプリメントではなく
天然食材から摂取して下さい。また、医者のアドバイスで妊婦専用ビタミンで補充して下さい。
6.ミネラル
(1) カルシウム:妊娠/授乳期間は十分カルシウムを摂取、摂取目安は毎日100 ccお勧めです。カルシウムを含
む食物は:牛乳、乳製品、豆腐、緑色野菜等。
(2)鉄:妊娠/授乳期間は鉄増加摂取、妊娠第一期と第二期から毎日10 cc、第三期授乳婦は毎日45 ccお勧めで
す。鉄の摂取は妊婦と胎児栄養を提供また、大量胎児体内保存し出産四ヶ月以内胎児栄養も提供する事が出
来ます。妊娠期間鉄栄養摂取不足なら胎児の脳成長と脳神経影響があるので要注意です。鉄を含む食物は:
緑色野菜、赤肉、内臓、貝類等です。
(3) ヨウ素:妊娠期間ヨウ素摂取不足なら胎児の脳成長不足、新生児成長遅いと神経発展不足さらに、胎児死
亡も可能です。摂取目安妊婦は毎日200マイクログラム、授乳婦は毎日250マイクログラムお勧めです。ヨウ素
を含む食物は:のり、貝類、緑色野菜、たまご乳製品、穀類等、中にのり、海藻等はヨウ素量は一番豊富で、
またヨウ化塩摂取でヨウ素を摂取増加も出来ます。
(4)ナトリウム:妊娠期間は高血圧とむくみ者は摂取量はお控えでください。
(5) マグネシウム:妊娠期間でのマグネシウム増加摂取は子癇前症と胎児子宮内発展不足を抑えます。摂取目
安妊婦は毎日355 cc、授乳婦は毎日320 ccをお勧めです。マグネシウムを含む野菜は:ほうれん草、ひゆ菜とキ
ャベツ等、他にも穀類、胡桃、バナナ等です。
(6)亜鉛:妊娠期間亜鉛摂取不足なら胎児子宮内発展不足と神経損壊。摂取目安妊婦は毎日15 ccをお勧め
です。亜鉛を含む野菜は:内臓、肉、牡蠣、魚等です。
(7)他:ミネラル摂取量は国民栄養量に参考して摂取し、上限を上回るのは禁止です。
7.ビタミン
妊娠と授乳期間はビタミン増加摂取は必要です。
(1)ビタミンB1、B2、B6とニコチン酸はカロリーとタンパク質同時に増加して、コムギ胚芽はビタミンB1一番豊富
他は胡桃、肉、内臓、豆、豆製品等も含めています。ビタミンB2は動物組織からで、牛乳、乳製品と穀類は一番
豊富です。ニコチン酸を含む食物は:動物内臓、牛肉、豚肉、鶏肉、魚貝類、たまご類、チーズ、玄米、発芽玄
米、酵母、キノコ、海藻等。
(2) ビタミンB12:妊娠期間ビタミンB12摂取不足なら胎児が神経損壊になります。ベジタリアン者特にビタミンB
12の摂取は要注意です。ビタミンB12を含む食物は:動物性食物、特に内臓類は一番豊富です。
(3) 他:ミネラル摂取量は国民栄養量に参考して摂取し、上限を上回るのは禁止です。
8.葉酸の重要性
(1)1993年から2002年まで国内出産人口での神経損壊児発生率10年来0.4~10/00、平均発生率は万分の7で|
す。アメリカ研究によって、妊娠期間葉酸摂取十分で胎児脳と脊髄先天性神経損壊比率を抑えます。50%~
70%を減少します。摂取目安は(DRIs)に参考して妊婦毎日は400マイクログラムをお勧めで、妊娠準備者は
妊娠一ヶ月前毎日は600マイクログラムをお勧めです。
(2)葉酸を含む食物は:緑色野菜、肉、内臓、酵母と豆製品は豊富で、天然食材からの摂取はお勧めで、
日常生活摂取不足なら医者のアドバイスで葉酸サプリメントを摂取してください。
9.妊婦、授乳婦は栄養バランス摂取、以下の食物はお控えください

  1. タバコ、酒、コーヒーと濃いお茶。
  2. 脂肪多い食物、例えば:脂肪多い肉、揚げ物等。
  3. 燻製加工食物、例えば:燻製肉、燻製たまご、燻製魚、ハム、豆腐を発酵させて塩漬けにしたもの等。
  4. 高カロリー食物、例えば:キャンディ、コカコーラ、炭酸ドリンク等。

10.妊娠初期期間は吐き気や胃のむかつき等現象が出る時少量多食と低脂肪刺激なし食物はお勧めです。
朝目覚まし穀類を食べて例えば、クッキ、饅頭等吐き気を改善易いです。妊娠後期は炭水化物と脂肪の摂取
をお控えください。
11.漢方薬と医者否認定薬をお止めして下さい。
12. 毎日適当安全運動してください。
 (資料源衛生福利部国民健康署-妊婦健康マニュアル)

 
【遺伝性病気予防】 
人の体は25000遺伝子があって、DNA複製して世代への世代と伝わっていきます。人は劣性形質の異常遺伝子は5項~10項
を持つはずで、だから外見は健康の夫婦でも一人は劣性形質の異常遺伝子を持って、遺伝性病気児を生む可能性もあります。

●出産検査ポイント
一般的家庭歴史異常遺伝子を持たず34歳以下の妊婦には10回無料出産検査で胎児健康と妊婦妊娠期間の
状況を把握します。経済的余裕の方は医者のアドバイスで自腹で出産検査は自由です。
一般的自腹で出産検査項目は多いで否侵入性の検査はお勧めです。妊娠12週~20週までは脊髄性筋萎縮症
検査は自腹で検査して下さい。致命的異常遺伝子なので、もし親はこの異常遺伝子を持つなら胎児は1/4遺伝
する可能性があります。
ダウン症候群は染色体異常病気で、35歳以上妊婦はダウン症児を生む可能性が高いです。しかし、80%の
ダウン児は34歳以下の妊婦から生まれました。つまり、34歳以下の妊婦はダウン症候群検査結果によって
羊水検査する決め手でダウン症児リスクを減少します。
もし妊婦は家庭異常遺伝子を持つなら医者と相談して10週~12週は絨毛採取検査、16週~20週は羊水検査、
20週~24週は胎児ドックさらに、染色体検査と出産前遺伝子検査はお勧めです。
異常遺伝子リスクはあるので妊婦は必ず医者に相談して検査して下さい。

(資料源:希少病気基金会) 	

【早産】
早産児は在胎20週満37週未満を生まれた胎児と称します。早産児の面倒は簡単ではない死亡リスクも高い
です。早産原因はまた50%不明で、知っている危険原因は以下:


生活行為

妊娠前状況

妊娠期間

有無
□□栄養状況不良
□□タバコ、酒
□□薬物を使用
□□過労
□□衛生習慣不良
□□イライラする、不安
□□貧血….等。

有無
□□妊娠年齢18歳以下と40歳以上
□□シングルママ
□□妊娠前体重不足
□□妊娠期間近すぎる
□□早産経験ある、早産陣痛と妊娠早期~中期流産
□□腎炎を患った
□□前妊娠時子宮頚管無力症があります
□□不良な婦人病があります
□□子宮は手術経験あり(例えば人工流産)

有無
□□感染、熱
□□細菌尿、かぜ
□□多胎児
□□前置胎盤
□□妊娠中毒症、高血圧
□□胎盤早期剥離
□□前期破水
□□羊水過剰と過少
□□子宮異常型
□□妊娠12週後出血があります
□□腹手術
□□身体とムード不機嫌
□□胎児染色体異常と先天異常

以下の原因は妊娠前改善できますので、お早めに医者と相談してください)
(資料源:衛生福利部国民健康署-妊婦健康マニュアル)

【出産兆候】
出産予定日の二週間前と出産二週間後は安全出産期です。出産予定日近くと以下の症状が現る:
1.リラックス感
出産予定日前週は胎児頭部は骨盤腔に下降、妊婦はリラックスと食欲アップ、息順調です。
2.子宮口は全開大になる、子宮頸の粘液と少々血は膣口から排出。
3. 陣痛と腰痛

  1. 陣痛の間隔は不規則から規則になる、痛みも長くなります。
  2. 痛みはお腹と背中を広がる、特に尾骶骨です。
  3. 陣痛時子宮は硬くなる、痛くない時軟らかいです。

4. 破水(膣から大量の液体が排出)
胎児を守る羊水が破水、膣から流出し、この時は歩くない病院に行ってください。

★分娩室はいつまでですか?
以下の症状があったら、すぐ分娩室に行って下さい:

  1. 規則な陣痛:第一児は7分~8分一回、第二児妊婦は規則陣痛があったら分娩室へ行って下さい。
  2. 出血共に規則的な陣痛。

(資料源:衛生福利部国民健康署-妊婦健康マニュアル)