メインコンテンツブロックにスキップ

新婚適応

相互の生活習慣に適応する
共同生活に臨む際には、ほんの些細な生活上の「習慣」が喧嘩の原因になってしまう。好みの違い、習慣の違いが、夫婦間がしっくりいかなくなる原因になることもある。お互いを尊重し、前向きにコミュニケーションをとろうという態度を持ち続けられるなら、新婚夫婦は生活においてうまく融合していけるだろう。

二つの家庭の結びつき
婚姻生活は、単なる夫婦或いは親子の間の関係にとどまらず、双方の父母、兄弟姉妹との間でも良好な関係の維持に努める必要がある。婚姻中で最もよく発生する親戚との付き合いの問題の解決は、婚姻が幸福であるかどうかの指標の一つである。婚姻が結びつけるのは二人だけではなく、二つの家庭である。もともとは交わりのなかった、この二つの家庭を、二人の結婚により、生活における困難と争いを徒に増大させる契機とするのではなく、良い関係に導き、幅広い人脈資源を築くきっかけにするかは、夫婦双方の智慧にかかっている。
身になって考えるようにすれば、解決方法を見つけることができ、真に「夫妻双方の智慧にかかっている。

真のコミュニケーションが良好な婚姻を築く
「コミュニケーション」は文字或いは言語に限定するのではない。ちょっとした微笑、スキンシップが伝える意義は、時として千言万語に勝る。心をこめて、いつでもちょっとしたメモを残し、或いは何か感じたり、何か伝えたいことがある時、最初に相手を思い浮かべるなら、その気持ちと思いやりは、相手に必ず伝わっているだろう。コミュニケーションの方法も非常に重要だ。自分の感情を伝えるだけで、相手の受け取り方を考慮に入れないなら、コミュニケーションの効果は大きく割り引かれてしまう。時には、相手の立場に立ち、相手の同心」の域に達することができるだろう。