メインコンテンツブロックにスキップ

配偶者が台北市を戸籍地とする新移民に提供する産前検查及び優生保健特殊検查補助項目

補助項目

補助対象及び内容

補助金額

取扱い機関

妊娠おめでとう健康診断サービス

1.結婚後妊娠前健康診断

結婚後未だ子供がいない夫或いは妻。

  1. 女性:尿検查、はしか抗体、水疱瘡抗体、一般血液検査、梅毒スクリーニング、エイズスクリーニング、甲状腺刺激ホルモン、エリテマトーデスの8項目。
  2. 男性:尿検查、一般血液検査、梅毒スクリーニング、エイズスクリーニング、精液分析の5項目

女性一回補助1,595元。男性一回補助655元(掛号費及び診察費は含まず)

台北市特約医療機関一覧は衛生局HP
http://www.health.gov.tw/「妊娠おめでとうコーナー」で検索、或いは1999内線1813に問合せ。

2.妊婦ダウン症スクリーニング

以下の内一項目に補助:

  1. 初期ダウン症スクリーニング(胎児後頸部浮腫超音波検查及び妊婦血清検査):台北市を戸籍地とする妊娠11~13週の妊婦。
  2. 中期ダウン症スクリーニング(妊婦血清検査):台北市を戸籍地とする妊娠14~20週の妊婦。

以下の内一項目に補助:
1.初期ダウン症スクリーニング一回2,200元補助。
2.中期ダウン症スクリーニング一回1,000元補助。
(掛号費及び診察費は含まず)

台北市特約医療機関(市立聯合医院を含む)特約医療機関一覧は衛生局HP
http://www.health.gov.tw/「妊娠おめでとうコーナー」で検索、或いは1999内線1813に問合せ。

妊婦検診補助

1.産前検查費用

1.補助対象者が外国籍或いは大陸地区人民で戸籍を設ける前は健保を未納であった場合には、その中華民国国籍配偶者の戶籍地を基準とし、本方案規定の手順に基づき処理する。
2.一人につき10回補助。

病院:3,465

診療所:2,935。

関連情報は衛生局HPhttp://www.health.gov.tw/「新移民ケアコーナー」で検索、或いは1999内線1834に問合せ。

2.産前遺伝診断

以下状況の内の一項に符合する者:(スクリーニング証明を提出すること):
1.34歲以上の妊婦。
2.診断或いは証明により以下状況の内の一項に符合する妊婦:
(1)本人或いは配偶者が遺伝性疾病を罹患。
(2)異常児の出産経験がある。
(3)家族に遺伝性疾病がある。
3.血清スクリーニングで、染色体異常の確率が1/270以上であると疑われた妊婦。
4.超音波スクリーニングで胎児に異常の可能性があると診断された妊婦。

羊水分析検査費5,000元
(低收入世帯の34歲以上妊婦或いは先天的異常児の出産経験がある場合には、検査機構により検査費用3,500元を別に減免)
(掛号費及び診察費、自己負担額は含まず)

1.中央主管機関の評価を通過した遺伝性疾病検査機構。
2.関連情報は衛生局HP
http://www.health.gov.tw/ 「衛生保健関連法規/優生保健減免措置或いは費用補助弁法」コーナーで検索或いは1999
内線1834に問合せ。

3.妊婦乙型連鎖球菌スクリーニング

以下の資格に符合する、妊娠35~38週までの妊婦に、1回の乙型連鎖球菌スクリーニングを提供する:
1.中華民国国籍を持つ妊婦。
2.補助対象が外国籍或いは大陸地区人民で戸籍を設けていない場合には、その中華民国国籍の配偶者の戶籍地を基準とし、本方案規定の手順に基づき処理する。

500元
(掛号費及び診察費、自己負担額は含まず)

関連情報は衛生局HP
http://www.health.gov
.tw/ 「婦幼優生」コーナーで検索或いは1999内線1815に問合せ。

新生児補助

1.新生児聴力スクリーニング

父あるいは母どちらか一方が我が国に籍を置く出生3か月以内の新生児。

700元(掛号費及び診察費は含まず)

1.聴力検査特約病院で実行。

2.関連資料は衛生局サイト「婦幼優生」専門区で調べるか、あるいは電話で1999内線7112でお問い合わせください。

2.新生児危急型先天性心臓病検査

1.本市特約病院で出生7日以内の新生児。

100元

1.危急型先天性心臓病検査特約病院で実施

2.関連資料は衛生局ホームページの「婦幼優生」コーナーで調べるか、あるいは電話1999内線7112にお問い合わせください。。