メインコンテンツブロックにスキップ

台北市中高学校・高職の校外見学は10/5から開放される (C/10-2)

1.開放基準:生徒たちがワクチンの接種が14日を超えた場合は検討可能
2.合意取得:
(1)学校側から親会、教師会、学年教師を呼び集め、会議を行う
(2)出発前に説明会を行い、毎日のスケジュールや注意事項、防疫措置などを詳しく説明する
3.参加人員:
(1)学生の乗車は各クラスで手配する。同じクラスの生徒が同じ乗車で、マスクを着用し、毎日体温を検測し、観光バスに乗る前にアルコールで手を消毒する。
(2)運転手、添乗員、ガイドなどの校外人員は健康管理申告書を提出する必要がある。
(3)食事、宿泊:
(a) 原則として1人1食で、レストランでの食事は中央感染症指揮センターが発表した公告により取り扱う。
(b) 優先原則として、日帰り見学をすすめるが、宿泊の必要がある場合は、ぜひ防疫措置が完備したホテルに泊まり、消毒を確実に行う。寝室の分配は同車同室、1人1ベッドを原則とする。