メインコンテンツブロックにスキップ

台北市防疫車両検疫計画と清潔消毒のポイント (C/1-2)

一、 防疫タクシーの運転手はワクチンを二剤接種した
1.台北市現行516台の防疫タクシーは1/8-1/9にPCR検査を行う。
2.検査は5組に分けて(100人/組)、運転手は毎週指定日の午前11時~午後2時に自分で大佳河浜公園の「車来速」で検査を受ける。
二、 防疫バス/検疫バス/検疫通用タクシーの運転手はワクチンを二剤接種した
1.台北市現行は防疫バス20台、検疫バス30台、検疫通用タクシー5台を所有する。
2.以上の車両の運転手は週に1回剣潭検疫所で検査を受ける予定。
3.全ての運転手はリストに載せた。後は聯合病院から検疫を協力する。
三、 防疫車両清潔消毒のポイント(毎回出迎えた後、清潔消毒を実施する)
1.防疫バス:シート、吊り手、床。
2.防疫タクシー:扉の外側の引き手、車内の防疫カーテン、シート、背もたれ、扉の内側の引き手、グリップ、窓。